校舎写真 校章

ニセコ町立ニセコ中学校

ニセコ連峰、羊蹄山、雄大な自然に囲まれたニセコ町
ニセコ中学校の素顔をお届けします

◎ごあいさつ/Thank you for comming.

ニセコ町立ニセコ中学校 校長  森   浩  

 本校のホームページを訪問していただきありがとうございます。

 ニセコ町は支笏洞爺国立公園、ニセコ積丹小樽海岸国定公園に属し、スキー場やゴルフ場、温泉、ホテル、ペンション等を備えた風光明媚な農業と観光の町です。 毎年150万人前後の観光客が訪れ、最近では外国人の宿泊客や登録者数が増加し国際色も豊かになっています。 ニセコ」とはアイヌ語で「切り立った崖」という意味があり、スキー場がある「ニセコアンヌプリ(切り立った崖にある山)」に由来しています。

 本校は、平成30年度に開校70周年、統合50周年を迎える歴史と伝統のある学校です。 校舎は平成15年大幅にリフォームされ、平成23年に特別支援教室、技術室の増改築が行われました。 大きな天窓からふんだんに降り注ぐ太陽の光や明るい教室・廊下、オープンスペースの家庭科室や図書室など開放感あふれる学舎になっています。

 教育目標は「協力的で思いやりのある人」「健康で実行力のある人」「積極的で根気強い人」を育てること。それを、HAC(ハッチ)~Heart!(豊かな心) Action!(実行力) Challeng!(積極性)という言葉に表し、生徒も教職員も毎日その実現を目指しています。

 『ニセコプライドを持つ生徒・後志に誇る学校』を年度スローガンとして、教職員一同がチームワークを誇る集団として力を発揮し、 生徒一人一人としっかり向き合いながら学習・生活両面の基礎基本の定着を図り、子ども達の「生きる力」を育んでいこうと考えています。

 保護者や地域の皆様、本校のホームページを訪れていただいた方々のご支援やご協力を賜りながら、全力で教育活動に取り組んで参ります。どうぞよろしくお願い致します。

HP運用規約