home about education life forjunior journal access

学校概要
校長挨拶
沿革
学校教育目標等
学校評価
学校評議委員会
制服・校訓・校歌
施設・設備
生徒の状況
進路状況
年間行事予定表(平成30年度)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
      北海道ニセコ高等学校長  馬 場   登

 ニセコ高校は、羊蹄山の西の麓、北にニセコアンヌプリを仰ぎ見る丘陵地に位置しています。国際色豊かな観光リゾート地として発展する環境モデル都市であるニセコ町にある町立の昼間定時制の学校です。
本校は、昭和23年北海道倶知安農業高校狩太分校として、農業後継者の育成を目的に開校し、昭和27年に狩太高等学校、昭和39年に北海道ニセコ高等学校と改称しました。 
その後、農業後継者の減少や観光リゾート地としての産業構造の変化、また、国際化・情報化・科学技術の進展など社会の急激な変化や、保護者や中学生のニーズの変化に対応し、農業後継者と観光産業に係る人材の育成を目指すハイブリット教育構想により、平成2年に全国で唯一の「緑地観光科」へと学科転換いたしました。
 本校の教育は、現代の自然回帰のニーズを大切にしながら、ニセコの自然と農村が持つ教育力を活用して、草木一本の命も大切にする「心」を持った農業経営者やこれからの観光産業の発展を担う人材育成と同時に、社会のグローバル化に対応しながら持続可能な社会の実現に貢献できる人材を育成することを目的としています。
 本校の教育課程では、基本的な知識・技能を身につけるとともに、課題研究や総合実習の学習をとおして、科学的に探究する力やコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力の育成を図っています。2年次からはコース制を導入し、農業科学と観光リゾートコースに分かれて、専門的知識と実践力を育成するとともに、進路希望に応じた委託実習や産業現場実習を行うなどキャリア教育にも力を入れています。
 特別活動では、農業クラブが7年連続全国大会出場。また、定通体連では、バレーボール部、バドミントン部、卓球部が全国大会に出場するなど、生徒たちは、日々の学習だけでなく様々なことに挑戦し、立派な成果を上げるなど大きく成長しています。
 このような本校の魅力ある教育活動は、恵まれた学習環境と豊かな自然環境、そして何よりもニセコ町をはじめ、ニセコ高校教育振興会など地域への限りない愛着を抱く人々によって支えられています。今後とも、地域の皆様の要望を受け止めながら、学校と家庭と地域が一体となった、真に地域に根ざした教育活動を推進してまいります。
 このホームページをご覧の皆様には、授業や部活動、また学校行事の中で輝いている生徒たちの姿から本校の魅力に触れていただき、本校の教育活動について一層ご理解を深めていただければ幸いです。


 

北海道ニセコ高等学校 〒048-1501 虻田郡ニセコ町字富士見141番地9 電話:0136-44-2224(代表) FAX:0136-43-2031
Copyright (C) 2015 Hokkaido Niseko High School. All Rights Reserved.